Top League - Round 5

HOME Sunday, September 10, 2017
17:40
AWAY
MAGPIES FULL TIME GOANNAS

MAGPIES.png

72 3.2 Q1 5.2 75

GOANNAS.png

8.5 Q2 7.3
10.9 Q3 9.5
10.12 Q4 11.9

UMPIRES

フィールドアンパイア Brett Qualtrough、景山 晧平 バウンダリアンパイア Philip Tester、Perry Brown
ゴールアンパイア 松橋 利樹、七澤 俊介 マッチコミッショナー 宮坂 英樹

MATCH REPORT

MAGPIES 10.12 (72)
GOANNAS 11.9 (75)

http://www.jafl.org/top_league/leaguerugby_detail/id=218

AFL JAPAN -日本オーストラリアンフットボール協会さんの投稿 2017年9月10日


2017年のトップリーグのR4の第1ゲームは、駒澤マグパイズと東京ゴアナーズの対戦となった。

第1Qから、首位を走るゴアナーズが、試合を優勢に進める。山本のゴールで先制すると、その後、Last兄弟、P.Chalmers等の主力が加点する。一方のマグパイズも、クォーターの後半に、山路、中島、櫻井の連続ゴールで追い上げる。

第2Qも、ゴアナーズが、S.Ghirardello、P.Chalmersのゴールで、そのまま主導権を握るかに思われたが、鋭いカウンターからマグパイズが攻勢をかける。山路のスナップショットや、ゴール前でのいくつかの“幸運”なフリーキックを得ると、セットショットが面白いように決まり、5ゴールを挙げて逆転に成功する。

第3Q、一進一退の攻防が続く。ゴアナーズは、A..Last等の中盤がボール支配を進める一方、マグパイズは、松村を中心スピードに乗ったカウンターをしかけ、互いに2ゴールづつ挙げて譲らない。

最終Q、エースの山路が怪我の為、交替したのが影響したのか、マグパイズはゴール前での正確性を欠き、中々加点することができない。一方、ゴアナーズは、S.GhirardelloをFWに上げて、高さを生かした攻撃をしかける。
ベテラン、T.Wilsonのゴールで3点差に追い上げたゴアナーズは、残り2分、ハイボールの競り合いから、S.Ghirardelloがフリーキックを得る。大事なセットショットを落ち着いて決めて、遂にゴアナーズが逆転。残り時間、マグパイズも最後の攻撃をかけるが、ゴールは遠く、タイムアップ。

東京ゴアナーズが、3点差で駒澤マグパイズを下し、トップリーグ首位をキープした。


TEAM LINEUPS

/impression.track?CID=253762&AFID=331804&ADID=1037668&SID=
  • AFL-JAPAN-TOP-LEAGUE-%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%82%992017.png
  • LADDER
  • GOALS
Pos Club   Pts % P
1 GOANNAS GOANNAS 16 193.9 5
2 POWERS POWERS 12 128.2 4
3 SUNS SUNS 12 118.2 4
4 LIONS LIONS 8 197.8 4
5 MAGPIES MAGPIES 8 116.2 4
6 HAWKS HAWKS 0 38.2 3
7 POSEIDONS POSEIDONS 0 30.6 4
Pos Player Club Goals
1 Y.Yamaji MAG 17
2 S.Yoshida SUN 13
3 Y.Toyoshima LIO 12
4 A.Last GOA 11
4 P.Chalmers GOA 11
4 Y.Sasaki HAW 11
4 K.Nakagawa POW 11
4 S.Mukodaka POW 11
9 A.Wyatt GOA 10
9 T.Wilson GOA 10
11 T.Nasu LIO 9
11 L.Eyes POS 9


201704101152_1.gif
 



201605031841_1.png 201605031841_2.png 201605031841_3.png 201605031841_4.png
201709091014_1.jpg AFL japan を盛り上げてくれるボランティアスタッフを募集しています。 201504241325_1.jpg sanjo.jpg 201305201404_1.jpg

事務局:
〒143-0016
東京都大田区大森北2-5-5
Tel: 03-4520-9930

email: info@jafl.org