榊道人 2012/12

rss

サムライズ練習試合 atはらっパーク宮代

投稿日時:2012/12/30(日) 10:11

23日(日)、埼玉県南埼玉郡にあるはらっパーク宮代にてサムライズの練習試合が行われました。この施設のグラウンドはフルオーバルサイズの芝生グラウンドで、広い場所で練習することが難しい中でとても貴重な機会となりました。

芝生保護のため、ランニングシューズやトレーニングシューズのみ許可されていて、スパイクは履けませんが、前日の雨の影響もなく素晴らしいグラウンドコンディションでした。

サムライズの対戦相手はトップリーグ選抜。ただし、オンボールのプレーヤー8人が4人ずつのグループにわかれ、両チームを行ったり来たり。この日はオンボールのメンバーになったので、ファーストクウォーターはトップリーグ選抜でプレーし。セカンドクウォーターはサムライズでプレー。後半も同じようにローテーションしました。

チームが変わったものの、やることは同じ。冬のトレーニングで取り組んできた「壁」の意識を持って、相手にボールをターンオーバーされた後にいかにスペースをつぶせるか。広いグラウンドのため、より効率的に動くことが求められました。

得点の推移よりもそういった戦い方にフォーカスできたのはとてもいいトレーニングになりました。オンボールではそれぞれがしっかりと役割を果たし、フォローの動きも少しずつよくなっていると思います。

試合後にコーチからは、やってきたことの意識はよかったからスキルも少しずつ向上させようとチームに言葉がありました。

年内のサムライズとしてのトレーニングは終わりましたが、きちんと振り返り、自分のトレーニングに生かしていきたいです。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=1411898&name=footy_michito&pid=1801417

川口での練習

投稿日時:2012/12/22(土) 16:55

16日(日)、天気は快晴でした。気温も上がり、グラウンド状態も良かったです。
この日はオーストラリアから旅行で日本に来ている高校生フットボーラーも練習に参加しました。

まずはスプリントを入れたウォーミングアップを行い、レーンキック。
レーンキックはキックして味方にパスをする単純な練習ですが、その日の調子をみるいい機会になります。

その後、ハーフコートで相手のキックアウトに対応するセットアップの練習をしました。

ゾーンを均等に埋めて相手のキックに対応するやり方ですが、1回のキックで届く範囲とさらにその後ろに人を配置するため、どうしても空いてしまうスペースができます。
しかし、自分はその空いている場にはいなくとも、そのスペースが「空いている」というのを意識するたけで、そのスペースをカバーできることもあります。

ひとつではなく、たくさんの意識を一人一人が持って、さらにそれをチームの何十人かで持っていれば、物理的に埋まっていないスペースも大部分がカバーできるようになってきます。

そういった感覚は集中して練習できていれば少しずつチームで共有できてくるはずです。

最後はいつものように試合を行いました。今回の特別ルールは自分が行動できるエリアを区切るというルールです。
FW:FWエリアのみでプレー
MF:DFエリアと中盤エリアのみでプレー
DF:DFエリアのみでプレー
という具合にプレーできるエリアが制限されました。

ボールに寄りすぎずにターンオーバーされたときに備えて壁を作る意識を持つためにこのようなルールで行いました。初めてのルールだったので混乱もありましたが、後半は徐々に慣れてきました。

試合の中で感じたのは、いくらルールで縛られても、ただそのエリアを守ってプレーしているだけでは向上しないということ。はやく判断をして、その判断をはやく振り返る。こういう習慣をつけてプレーしたいと思いました。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=1411898&name=footy_michito&pid=1800282

霧雨の中の練習

投稿日時:2012/12/18(火) 09:22

土曜日は江戸川のラグビー場での練習でした。霧雨が降っていましたが、1時間のみグラウンドが利用できることになったので練習できました。

晴れ、雨、風のときのフットボールはそれぞれ感覚が全く違ったものになるので、雨が降っていてグラウンド状態が悪い中での練習は貴重です。

ハンドパスやピックなどの基本的な練習を行い、最後の試合で今まで継続して取り組んでいる「壁」を意識してプレーしました。さらにFWエリアでゴールを狙うキックが少ないということで、FWエリアでのハンドパスは1回までという特別ルールも。

中盤はFWのフォローへ向かう動きよりもターンオーバーに備えた動きを意識しました。ボールにたくさんの人数が寄ってしまうプレーを減らそうということでボールに寄り過ぎないように心がけました。

雨が降っているとボールが重くなり、滑りやすくなるのでより慎重にパスをしないといけません。この日の練習はその感覚をつかむいい機会になったと思います。 c?ro=1&act=rss&output=no&id=1411898&name=footy_michito&pid=1799655

壁を作る。 part2

投稿日時:2012/12/04(火) 09:53

土曜日は秋ヶ瀬公園ラグビー場で代表候補プレーヤーの練習会がありました。

グリッド練習の後、中盤からFWへボールを供給する練習を。中盤でボールを処理し、FWへ運んだ後は「壁を作る」ことを意識します。

今まではフォローへ入るためグッとFWのラインに入ることが多かったのですが、FWのエリアはFWに任せてターンオーバーに備えました。

FWはインサイド50のエリアに4名入るようにし、スペースを埋めすぎないよう、加えてグラウンドの中心付近(コリドー)に向かってリードをするように意識しました。

外へのリードはプレッシャーがなくなるので、外へのリードが多くなってしまいますが、それだとボールをマークした後にもう一度中に入れるか、角度のない場所からゴールを狙う必要があります。

最後は練習の確認のため試合を行いました。「壁を作る」、「FWのスペースを空ける」、「コリドーを通る」などのテーマがありましたが、少しずつ前進していると思います。

試合には様々な要素が加わるのでテーマにしぼったプレー以外の反省も出てきますが、やってきたテーマを優先して修正する必要があります。

まだ満足に理解できていませんが、練習する中で少しずつ納得できるプレーを増やしていきたいです。 c?ro=1&act=rss&output=no&id=1411898&name=footy_michito&pid=1797606

<< 2012年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

AFL japan を盛り上げてくれるボランティアスタッフを募集しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加