現地から届く!AFL最新情報 2017/8

rss

再び「なんだよ、あの試合」デーモンズ11年ぶりのファイナル出場ならず

投稿日時:2017/08/29(火) 10:17

月曜日の朝、新聞を買いにいくとカールトンファンの店のおじさんが「なんだよ、あの試合」。自力で決められなかったのはまだまだ力不足だとしか。緊張で自分たちらしい試合ができなかったのならそれまでとしか。目の前で見せられたJeremy Howeのスーパーマークに至っては返す言葉がございません。ということで私のシーズンはがっかりに終わり、その反動から風邪で寝込むことに。

負けないことから「砦」とまで言われた本拠地・スビアコスタジアムの最後の公式戦でイーグルスも負けるわけにはいかなかったし。

残ったチームで心配の種があるのはジャイアンツの攻撃陣くらい(どうしたStevie J)、リッチモンドに至ってはここ5年で最高のシリーズが望めそうな状態(最後まで行ける、とは言っていないのことよ)でファイナルを迎える。

コールマンメダルは最後の試合で10ゴール蹴ったLance Franklin。オールオーストラリアンには26人中8人がアデレードからとシーズンの好調を象徴する結果に。

ホーソン 99ーウエスタンブルドッグス 90
コリングウッド 99ーメルボルン 83
ノースメルボルン 130ーブリスベン 79
シドニー 138ーカールトン 57
ジロング 103ーグレーターウエスタンシドニー 59
ポートアデレード 135ーゴールドコースト 20
エセンドン 107ーフリーマントル 92
リッチモンド 122ーセントキルダ 81
ウエストコースト 100ーアデレード 71

1週休んでファイナルシリーズ。土曜日の2試合は負けると後がないエリミネーション・ファイナル。これはどちらも地元が有利。エセンドンはJobe Watsonがタガーにまわってスワンズの中盤を止めるという噂も。ボンバーズは本当によく戦ったご褒美の出場だな。このあとの組み合わせ次第ではアデレード同士、はたまたシドニー同士のグランドファイナルの可能性もありになってきた。(ゆ)。

9月6日(木)アデレードーグレーターウエスタンシドニー
9月7日(金)ジロングーリッチモンド
9月8日(土)シドニーーエセンドン、ポートアデレードーウエストコースト

Hodge, Murphy, Riewoldt…大物プレイヤー続々引退

投稿日時:2017/08/23(水) 07:29

金曜日、最初から最後までスワンズ押しの試合、ハイライトはやはりBruce McAvaneyも一瞬沈黙したBuddyの50メートルからのラン・アンド・ゴールか。バウンスが一度それたのもご愛嬌。

イーグルスのシーズンを終わらせたのはトレードマーケット一番のホットプロパティ、Josh Kelly、42タッチ。コールマンを狙うJosh Kennedyのお尻との激突も。イーグルスが悪かったのではなく、ジャイアンツがとにかく良かった。

今年は成績よりもとにかく育成のカールトン、連敗を止めた相手がホークスというのは明るい。そしてセインツ、ついにさよならNick。来シーズンから氷河期突入か。

シドニー 83ーアデレード 80
ポートアデレード 96ーウエスタンブルドッグス 79
ジロング 70ーコリングウッド 59
グレーターウエスタンシドニー 81ーウエストコースト 60
エセンドン 90ーゴールドコースト 57
カールトン 77ーホーソン 70
メルボルン 104ーブリスベン 91
セントキルダ 127ーノースメルボルン 78
リッチモンド 155ーフリーマントル 51

泣いても笑ってもレギュラーシーズン最後の試合。Hodge, Murphyと敵味方を問わずファンに愛されたもとキャプテンが揃って引退する金曜日、天気予報も涙雨。おそらく今シーズン初めてフルリストでカルディニア・パークに乗り込むジャイアンツ、手の内をすべて見せないほうがいいのでは、と余計なお世話。8位、9位が戦う日曜日、最下位争いもあります。(ゆ)。

8月25日(金)ホーソンーウエスタンブルドッグス、
8月26日(土)コリングウッドーメルボルン、ブリスベンーノースメルボルン、シドニーーカールトン、ジロングーグレーターウエスタンシドニー、ポートアデレードーゴールドコースト、
8月27日(日)エセンドンーフリーマントル、リッチモンドーセントキルダ、ウエストコーストーアデレード

デーモンズ、ファイナルへ大きく前進 ブルドッグスに替わってボンバーズ、かも? 

投稿日時:2017/08/15(火) 06:56

今シーズン4回の危険プレイでバッドボーイ・イメージが定着中のToby Green、今度はAFLで一番メテロなLuke Dahlhausの紅顔に足が…コンビネーションも不利だったけど、かろうじて出場停止は免れた。ブルドッグス、2年連続のミラクル実現、絶望か。

けが人だらけでもベテランHarry Taylorの活躍でふんばったキャッツに対して、タイガースは負け虎の遠吠え。

そして日曜日、この試合に勝てばファイナル入りの切符が手に入る両チーム、最初から飛ばしたデーモンズ、第3クォーターに12ポイント差まで詰め寄られたものの、攻めきれないセインツを振り切った。

グレーターウエスタンシドニー 105ーウエスタンブルドッグス 57
シドニー143ーフリーマントル 39
ジロング 80ーリッチモンド 66
ブリスベン 142ーゴールドコースト 84
アデレード 123ーエセンドン 80
ウエストコースト 100ーカールトン 83
メルボルン 96ーセントキルダ 72
ホーソン 116ーノースメルボルン 89
ポートアデレード 98ーコリングウッド 71

金曜日はファイナルのお試しか。クロウズはケガッぽいキャプテンもロリーちゃんも休ませないガチでいく構えらしい。土曜日の最初の試合はバララット、ドギーズの主催ゲームが増えそうだけど果たしてグラウンドはどんなんかな~。昨シーズンに続いてファイナルでシドニー対決になる可能性も濃厚なジャイアンツ(皆さん、本拠地はシドニー・オリンピック・パークの中にあります)の監督Leon CameronとイーグルスのAdam Simpsonはホークス時代、そろってAlastair Clarksonの門下生。ちなみに数字的にはホーソンにはまだチャンスがあるそうです(笑)。ボンバーズは残り2試合、連勝できる可能性が大いにあり、ご難つづきだった元キャプテンJobe Watsonの最後のシーズンに華を添えることができるか。コールマンメダルは元・古巣を相手に6ゴール蹴ったJosh Kennedyが再びリード(ゆ)。

8月18日(金)アデレードーシドニー、
8月19日(土)ウエスタンブルドッグスーポートアデレード、ジロングーコリングウッド、グレーターウエスタンシドニーーウエストコースト、エセンドンーゴールドコースト、ホーソンーカールトン、
8月20日(日)ブリスベンーメルボルン、ノースメルボルンーセントキルダ、フリーマントルーリッチモンド

期待のダービーは、なんだよ、あの試合

投稿日時:2017/08/08(火) 05:10

日曜の夕方、サムライズの快勝に足取りも軽く、近所のパブに立ち寄ったら、なんだよ、あの試合。「ポートの選手は今週、ランドルモール(アデレードの繁華街)に姿を見せないほうがいい」というコメントに大きく納得。

傷だらけの王子Joel Selwoodは今シーズン絶望の足首のケガ。優勝を経験したくてタイガースからジャイアンツに移籍したBrett Deledio、ケガで出遅れシーズン初ゲームで待ってましたの活躍。キラキラのスターぞろいのチームの中で今度は出場機会をどうアピールするかだけど、若いチームにベテランは大きなプラス。

インターナショナル・カップの入場行進のあとのスリリングなマッチを収めたのはボンバーズ。若手も育っていいシーズンになってること間違いなし、ファイナルもこの後の組み合わせに恵まれて狙える位置になってきた。イーグルスは痛い星を落とした。

シドニー107ージロング 61
グレーターウエスタンシドニー97ーメルボルン 62
エセンドン 84ーカールトン 76
ウエスタンブルドッグス 103ーブリスベン 76
コリングウッド 111ーノースメルボルン 57
フリーマントル 90ーゴールドコースト 67
セントキルダ 103ーウエストコースト 95
リッチモンド 93ーホーソン 64
アデレード 130ーポートアデレード 46

残りいよいよ3試合。ファイナルシリーズ出場の可能性がある10チームは「とも食い」のカード目白押し。パーセンテージとポイントでクロウズが頭ひとつ抜け出しているものの、いずれも油断大敵。この節はブルドッグスの2年連続のミラクルにリーチがかかる金曜日、タイガースのファイナル4がかかる土曜日の午後がハイライト。数字的にはコリングウッドとホーソンにもまだ可能性があるそうです(笑)。ちなみにQクラッシュも。個人的には暖かい空気を運んできてくれるブリスベンからの中継、実は楽しみ(ゆ)。

8月11日(金)ウエスタンブルドッグスーグレーターウエスタンシドニー、
8月12日(土)シドニーーフリーマントル、ジロングーリッチモンド、ブリスベンーゴールドコースト、エセンドンーアデレード、ウエストコーストーカールトン、
8月13日(日)セントキルダーメルボルン、ノースメルボルンーホーソン、コリングウッドーポートアデレード

シーズン3度目の引き分けは50ポイント差から

投稿日時:2017/08/01(火) 09:59

フッティらしいと言えばそれまでなんだけど、コリングウッドは負けたも同然。移籍後期待されながらもケガに苦しんでいたDaniel Wellsが34ディスポーザル3ゴールと大活躍、ディフェンスも得点力リーグ一のクロウズを押さえこんでいたのに…。ラストの2分はぜひビデオでどうぞ。それにしても今シーズンのコリングウッドの試合って空席が目立つんだよね。

この試合に負けず、最後の2分がエキサイティングだったパワー対セインツ。パワーは神様仏様Paddy様そしてRobby様。セインツは鉄人キャプテン・Nick Riewoldtが今シーズン末での引退を発表した。

ブルドッグスは久しぶりに昨シーズンのスターが揃ってボンバーズに快勝。初のコールマン・メダルを狙うJoe Daniherは6ゴール。

「まだ終わってない」イーグルスはケガ明けのJosh Kennedyが6ゴール、風も味方につけたカンガルーズのBen Brownも6ゴール、そしてキャッツのTom Hawkinsも6ゴール、こちらも最後までもつれそう。

ホーソン 72ーシドニー 66
ノースメルボルン 76ーメルボルン 72
グレーターウエスタンシドニー98ーフリーマントル 86
ポートアデレード 63ーセントキルダ 61
ジロング 123ーカールトン 58
リッチモンド 98ーゴールドコースト 65
ウエスタンブルドッグス 127ーエセンドン 97
コリングウッド 103ーアデレード 103
ウエストコースト 113ーブリスベン45

ファイナル4を虎視眈々と狙うスワンズはジロングの地元へ乗り込んでの試合。メルボルン、今シーズンは私は高望みしません。ファイナルシリーズに出られさえすれば。ここへ来てようやく昨年並みの戦力が揃ったブルドッグスに奇跡は再び起こるのか。このあとのカードも恵まれている。そしてしめくくりは首位対5位のアデレード・ダービー。わくわく(ゆ)。

8月4日(金)シドニーージロング、
8月5日(土)グレーターウエスタンシドニーーメルボルン、エセンドンーカールトン、ブリスベンーウエスタンブルドッグス、ノースメルボルンーコリングウッド、フリーマントルーゴールドコースト、
8月6日(日)セントキルダーウエストコースト、リッチモンドーホーソン、アデレードーポートアデレード

<< 2017年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

AFL japan を盛り上げてくれるボランティアスタッフを募集しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加