現地から届く!AFL最新情報 2014/6

rss

ゴールドコーストが!そしてグレートウエスタンシドニーが! 波乱つづきの13節

投稿日時:2014/06/25(水) 09:19

首位戦線とりあえず異状なし。でもこの2チームの金星はまってました。特にゴールドコーストはGary Ablettのジロング・コネクションを勘定にいれたとしても、本物になりつつある証明かも。
 
201406250922_8-297x185.jpg 201406250922_9-310x185.jpg

手負いの虎状態のエセンドンに詰め寄りながらも勝てなかったアデレード、今シーズンはここまでか。先週も言いましたがファイナルを狙うチームは肝心なところで負けないものなんです。

201406250922_10-156x250.jpg 201406250922_11-156x250.jpg 201406250922_12-156x250.jpg
 
そしてリーグ一番の「愛されキャラ」、Jonathan Brownが引退発表。顔面骨折3回では家族もさぞや心配だろう。お疲れさまでした。

201406250922_13-300x0.jpg 201406250922_14-300x0.jpg
 
シドニー 62 Vリッチモンド 51
ホーソン 115 V コリングウッド 86
ポートアデレード 128 V ウエスタンブルドッグス 56
ゴールドコースト 118 V ジロング 78
フリーマントル 105 V ブリスベン 22
エセンドン 101 V アデレード 92
グレートウエスタンシドニー 100 V カールトン 92
ウエストコースト 103 V セントキルダ 70
ノースメルボルン 107 V メルボルン 66
 
ダービー、ダービー、ダービー!そして遺恨戦といってもいい金曜日の試合。Chappy、そしてボンバーは手のうちを知り尽くしたジロングに対してどう戦う?今シーズン、初のファイナルシリーズ出場の期待がかかるゴールドコーストは前年の覇者にどう挑む?おっと、伝統の1戦、日曜日のCCマッチを忘れるところでした。Mick、そしてDale Thomasにはきついヤジが飛ぶこと請け合い。
 
6月27日(金) ジロング V エセンドン
6月28日(土) ホーソン V ゴールドコースト、セントキルダ V リッチモンド、フリーマントル V ウエストコースト、シドニー V グレートウエスタンシドニー、ブリスベン V ノースメルボルン
6月29日(日) ウエスタンブルドッグス V メルボルン、アデレード V ポートアデレード、コリングウッド V カールトン

メルボルン、気落ちのエセンドンに1ポイント差勝利

投稿日時:2014/06/17(火) 12:20

昨年の開幕からくすぶり続けている禁止薬物使用問題でAustralia Sports Anti-Doping Authority (ASADA)がエセンドンに2012年のシーズンに所属していた選手34人を告発することが明らかになった。これに対してエセンドンは連邦裁に仲介を求める申し立てを起こし徹底して戦う構えを見せている。サッカーW杯がまさに開幕、AFLシーズンもちょうど折り返しのタイミングで、この発表は前回同様、とにかく無粋。エセンドン側もなぜ今になって連邦裁を巻き込むことにしたのか、こちらも不可解。一番迷惑なのはファンだけど。ということで冴えないボンバーズ、ようやくRooイズムの定着してきたデーモンズに1ポイント差負け。

201406171228_1.jpg 201406171228_2.jpg 201406171228_3.jpg

それにしてもあらためてフッティって、ハイスコアリングなスポーツね。シドニーはBuddy全開5ゴールの活躍で41317人の大入り。

201406171228_4-373x250-373x250-373x250.jpg 201406171228_5-198x250.jpg

ゴールドコーストはGary Ablettの最後のゴールがポストを叩く痛い不運、一方のウエストコーストはまたJosh Kennedyが7ゴール。カールトンはMick Malthouseの歴代2位となる監督700試合を勝利で飾れず。

201406171228_6-301x200.jpg 201406171228_7-306x200.jpg
 
ホーソン 118 V カールトン 90
フリーマントル 105 V リッチモンド 85
シドニー 98 V ポートアデレード 94
ウエストコースト 103 V ゴールドコースト 100
グレートウエスタンシドニー 125 V ブリスベン 80
アデレード 109 V ノースメルボルン 73
ジロング 133 V セントキルダ 37
ウエスタンブルドッグス 106 V コリングウッド 98
メルボルン 78 V エセンドン 77
 
シーズン終盤まで代わりそうにない上位4チーム(ポートアデレード、ホーソン、シドニー、ジロング)は、これからいくつ星を落とさずに8月を迎えられるかが勝負だけど、今週はホーソン、ジロングが最初の試金石を迎える。12位から18位までの下位7チームも実は差が1勝だけ。ひとつ勝つと順位がポンと繰り上がる。
 
6月20日(金) リッチモンド V シドニー
6月21日(土) ホーソン V コリングウッド、ポートアデレード V ウエスタンブルドッグス、ジロング V ゴールドコースト、ブリスベン V フリーマントル、アデレード V エセンドン
6月22日(日) グレートウエスタンシドニー V カールトン、セントキルダ V ウエストコースト、ノースメルボルン V メルボルン
 
この選手に注目!
Tom Liberatore (ウエスタン・ブルドッグス) 背番号 21

201406171228_8-199x250.jpg  201406171228_9-333x250.jpg
チーム再建中の子犬ちゃん軍団のリーダー的存在。170センチ代ながらガッツあふれるプレイでフッツクレイのヒーローだった闘将「リバ」(Tony Liberatore)の息子で、プレイスタイルはもう少し垢ぬけているようだけど、突進型なのは父親ゆずり。金星となったコリングウッド戦では34ディスポーザル、13クリアランス、ミッドフィールドの要としてチームを引っ張った。ビッグ4相手に燃えるのも父親似?なのかも。
 

シーズン折り返しでケガ人続出 

投稿日時:2014/06/10(火) 16:36

ハンブルにつながりの悪いパスと、ジロングのらしくないミス多発に助けられ、攻撃陣も久しぶりに活躍して金星目前だったカールトン。試合開始5分前に色がかぶるからという理由でショーツを履き替えたのが悪かったのか。ジロングは連敗しません。

201406101644_1-252x150.jpg  201406101644_2-93x150.jpg  201406101644_3-253x150.jpg

先週パックマークから味方の膝蹴りが頭に入って途中欠場したマイ・ダーリン=Chad Wingard、今週またまた間違いなくマーク・オブ・ザ・イヤーの候補にあがる夢のようなマーク。チームも連勝記録を更新で首位固め。グレートウエスタンシドニーは残り10分で1ポイント差まで猛チャージ、エセンドンは逃げ切ったもののスキッパーJobe Watsonがシーズン絶望のケガ。ファンにとっては昨年同様、長い後半戦になりそう。
 
201406101644_4-175x280.jpg  201406101644_5-185x280.jpg  201406101644_6-175x280.jpg

もっと後半が厳しそうなのがリッチモンド。孤軍奮闘のDustin Martinがグレちゃわなきゃいいけどと余分な心配。前半はトレード△と評価のあまり高くなかったNick Dal Santo、ようやくチームに慣れたのかチャンスメーカーぶりを発揮。負けてもファンが不満をもらさなかったメルボルン、6万8000人の前で試合ができるなんてありがたい、ありがたい。

201406101644_7-131x210.jpg  201406101644_8-130x210.jpg  201406101644_9-348x210.jpg
 
ジロング 107- カールトン 102
ホーソン 123- ウエストコースト 79
ポートアデレード 129- セントキルダ 59
ブリスベン 95- ウエスタンブルドッグス 87
エセンドン 81- グレートウエスタンシドニー 66
シドニー 109- ゴールドコースト 74
フリーマントル 90- アデレード 50
ノースメルボルン 116- リッチモンド 88
コリングウッド 61- メルボルン 28
 
ハイライトは土曜日の1位3位対決。ベスト4入りへベテラン奮闘中のノースもビジターで落とせない試合。シーズン折り返しで評論家勢の苦言と失望にさらされているウエストコースト、リッチモンドそしてブルドッグスは苦しいカード続き。
 
6月13日(金) ホーソン V カールトン
6月14日(土) リッチモンド V フリーマントル、ポートアデレード V シドニー、ウエストコースト V ゴールドコースト、ブリスベン V グレートウエスタンシドニー、アデレード V ノースメルボルン
6月15日(日) ジロング V セントキルダ、コリングウッド V ウエスタンブルドッグス、エセンドン V
メルボルン
 
 
この選手に注目!
Joel Selwood (ジロング・キャッツ) 背番号 14

201406101644_10-219x230.jpg   201406101644_11-349x230.jpg
毎試合、活躍するべしと条件が与えられてしまっているから、ボールのそばにいないのがかえって目立った週末の試合、ところがやってくれました。ファンが、そしてチームが最高に頼りにしている、そしてその期待に応えられるプレイヤーの面目発揮となる残り1分の決勝ゴール。タフでボールに立ち向かうプレイスタイルが最大の魅力。3年目のキャプテンも板についてきた。双子の兄、弟と4人そろってAFLで選手経験があって、うち3人は現役というフットボール・ロイヤリティ中のロイヤリティ。
 

アデレード、後半の台風の目になるか 昨年の覇者ホーソンに代理監督が

投稿日時:2014/06/04(水) 10:04

ジロングの100点以上の負けっぷりは想定外だったけど、シドニーは両金食い虫、あっ、違った、両フォワードがちゃんと蹴れば本当に強いってこと。試合内容はちょっとフラットでしたけど。

201406041012_12-369x220.jpg  201406041012_13-130x220.jpg

誰がこの結果を予想したかが、ブリスベンの勝利。前日、新聞にはJonathan Brown今シーズン現役続行の是非を問う大きな記事が。やっぱりみんなBrownyの活躍をもっと見たいんだよね。

201406041012_14-301x200.jpg  201406041012_15-289x200.jpg

1年間のブランクから復帰して3試合目のTaylor Walker (アデレード)はWayne “King” Careyも目を細める活躍で5ゴール。チームのムードにも大きな大きなプラス、後半の台風の目になるか。

  201406041012_16-331x220.jpg  201406041012_17-137x220.jpg

監督Alastar Clarksonが急病で復活のめどがたたないホーソンだけど、代理のBrendon Boltonは彼の右腕。戦線異状(あまり)なし、と見た。ノースは敵地で快勝、これでファンの期待がなおさら膨らんじゃうんだろうな。

201406041012_18-310x200.jpg  201406041012_19-300x200.jpg

シドニー 148V ジロング 38
コリングウッド 140 V セントキルダ 54
ポートアデレード 95V メルボルン 75
ブリスベン 98 V カールトン 91
エセンドン 104 V リッチモンド 54
アデレード 109 V ゴールドコースト 77
フリーマントル 89 V ウエスタンブルドッグス 51
ホーソン 94 V グレートウエスタンシドニー 87
ノースメルボルン 87 V ウエストコースト 44
 
2位から6位まで(含む、ゴールドコースト)が同じポイントで並んだこの節。シドニーは敵地に乗り込むのが少し不安か。勝ったり負けたりなんだか腰の据わらない(でもファンの期待は悲壮感あふれるほどの大きさの)日曜日のナイトゲーム、せっかく空いてるんだから、Gで観たいところだね。女王様のお誕生日恒例の組み合わせの月曜日、好ゲームの続くメルボルンがコリングウッドにひと泡吹かせることを切に期待。
 
6月6日(金) ジロング V カールトン
6月7日(土) ホーソン V ウエストコースト、ポートアデレード V セントキルダ、ウエスタンブルドッグス V ブリスベン、エセンドン V グレートウエスタンシドニー
6月8日(日) シドニー V ゴールドコースト、アデレード V フリーマントル、リッチモンド V ノースメルボルン
6月9日(月) メルボルン V コリングウッド
 
この選手に注目!
Dustin Fletcher(エセンドン・ボンバーズ) 背番号 31

201406041012_20.jpg  201406041012_21-201x321.jpg  201406041012_22-214x321.jpg
現役最年長の39歳。長いAFLの歴史でも歴代3位、1990年代に入団した選手の中で最多出場を更新中の鉄人・フレッチ。タイガーズが蹴れば画面を斜めにさえぎる姿が映る大活躍ぶりが印象的だった先週、やはりここ一番にはベテランか。昨年から大揺れのボンバーズにはゲーム出場以上に大きな存在なのかも。
 

<< 2014年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

AFL japan を盛り上げてくれるボランティアスタッフを募集しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加